大いなる流れ〜3〜

  • 2020.02.24 Monday
  • 14:43

続きなんですが、こんな感じで書いていって良いのかしら、と思っていましたが

 

「ゆみこさん、大丈夫ですよ、そのままのゆみこさんで。
悲しみ 苦しみが洗い流されるのを人は待っています。
光のシャワーを!
その感じで書いた事に心を躍らせる人の姿が見えます。
待ってる人がいます。
頑張って書ききって下さい。」

 

と言ってくれましたので、頑張って書こうと思います(笑)

 

その後も何度も泣いて洗い流された私がいます。

 

旦那様の「自分を信じきれない思い」の意味を教えてもらった時は本当に・・・

 

私達にはいろんな事がありました。
旦那様の病気、ケガ、脳挫傷・・・

 

20年前、旦那様が病気になっても、ただただ私の元に帰りたかった事。

旦那様への言葉です。

 

「病気と闘いながらも、ただただゆみこさんのもとに帰ろうとした日
 宇宙がその愛の深さにどれほど胸を躍らせたか。
 宇宙はずっと見守ってきた。
 その愛の深さにただただ感動した。


 その後の日々は苦しかっただろう。
 あの日の事も覚えている、伝えてからの人達のさらされた目の中で
 あなたは全力で自分を表現してきた。
 あなたが自信を持たなくても、宇宙があなたを誇りに思っている。
 何十倍、何千万倍も。だから自分を愛して!
 わたしが案内するから。
 今の時をすべて愛せるようなるから。信じて。」

 

あー旦那様が苦しんでいるのを私だけが知っていると思っていたし、
その苦しみを見ているのも私だけだと思っていたのに、
宇宙はその事を知っていたんだなあ、ずっと見守ってくれていて、今旦那様を
とてもとても誇りに思ってくれているんだなあと私は泣きました。
今も読むたびに泣いてしまいます。

 

心に深く深く染み込んでいって、今世2人にとって1番苦しかった事が、20年を経て
光に溶かされて洗い流されていきました。

 

そして、

 

「あなたは(旦那様は)その事で苦しみ、大丈夫だろうかと、ずっとずっと不安と戦ってきた。
でももう不安と戦う必要はない、二人して決めた道、明るい道がまっすぐに伸びている。
二人で誓った事が実現される」

 

と言ってくれました。

 

続きます^^