ほっこりと日記を書いてます^^


profile
Calendar
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
categories
selected entries
new entries
recommend
archives
もじでパーツ
link
others
封印

3月25日に京都で受けたセッション。

この日は私にとって忘れられないセッションとなりました。

それほど衝撃的で過酷な内容でした。

 

セッションが始まってすぐに、厳しい目で、

「封印とういうのは本来人から解かれるものではなく自分で解くもの。

 そしてあなたにその覚悟はできていますか?

 この封印を解くと、これまでのあなたの人生を根底から変える可能性があります。

 あなたはもう前のあなたに戻れないかもしれない、あなたの愛する人とも離れる事になるかもしれない。

 その覚悟はありますか?それほどあなたの封印は過酷です。」

と話しだされました。

 

あーだから私はこの日が来るのが怖かったんだな、今までのセッションとは違うんだな、と動揺しながらも

心のどこかで深く納得しました。

だから旦那様もあんなにこのセッションに行くのを心配してたんだな、と。

帰ってから旦那様にセッション内容を話すと、良かったと。もう私が帰ってこない気がして怖かったと言っていました。

 

そして私はこの日が来る前に何度も自分に問いかけましたが、答えはいつも、行くでした。

 

問いかけられた時も動揺しながらも、YESと答えた記憶があります。

なぜなら私はこの日の為に去年からいろいろセッションを受けてきたんだな、とうとうここまできたんだな、知りたいんだなと、その時がきたんだなと静かに深く思いました。

 

「あなたはもう進みたいんですね」と優しくなった目で答えてくださり、その内容を話してくれました。

 

実は話してくれた内容を私はセッションに行く1週間前くらいから、突然急に、もしかしたら私は・・・と今まで思いもしなかった事を一瞬思ったんです。

でも自分で一瞬思うのとお人から聞くのでは全然違いました。

強烈に過酷で、私がその話に耐えられたのは今この今世に旦那様がそばにいてくれるからでした。

 

そしてその話が真実だと思ったのは、心にドーンと入ってきて苦しくなったから。心が魂が泣いていました。

 

そんな私を見て、

「あなたはよくこの話に耐えれましたね。乗り越えられましたね。目覚めの時だったんですね。  

 そしてあなたはご主人に救われているね」と。

 

私は昔もそんな風に旦那様の事を言われた記憶があり、そうなんだなと思ったりしましたが今、心の奥底から

旦那様に救われているという意味が分かりました。

 

そして他にも話してくれたこのセッションでの事を忘れないように忘備録として残しておこうと思います。

 

あなたがこの封印を解いたのはその準備ができたから。そしてあなたが封印を解いた事であなたが先駆者となり

他に封印を解くべき人の封印が解かれていくだろう。あなたが何かをしなければならないわけではなく、ただあなたが封印を解いたという事実で。

 

そしてその事が大きな広い意味で母なるガイヤの地球に愛を贈ることになるだろう。

 

あなたは本当の意味での女性性であり愛の人であり、自ら愛(性)の被害者になることを選び、そうであったあなたしかできない道を行き寄り添うだろう。

 

今世が人としての最後の人生。←私がこう言われたのは3人目です。

 

スピリチュアルはふわふわキラキラしたものではなく、もっと過酷であったりするもの。覚悟がいるもの。

 

あなたにはいわゆるスピリチュアルな高い能力があるけれど、見えない、聞こえないのには意味がある。

この意味が今回のセッションの内容を聞いて本当に分かりました。今回の封印していた内容を昨日より前に自分で思い出していたら、私は耐えれなかったでしょう。心が壊れていたでしょう。それほどの内容でした。

 

あなたには真実を見通す目がある

 

もうあなたに危険はない。だからと言ってこれからの人生がビバ!人生!のようにはならないけれど、しみじみと人生を味わうことはできる。ご主人と仲良く。

 

ご主人とはツインレイ(魂の片割れ)でしょう。

 

あなたは誰か(何か)の役に立ちたいと思っているけれど、まず自分を愛し赦して、もっと自分を甘やかせてあげてください

 

 

 

長くなってしまいましたね💦暗い内容でごめんなさい^^;

 

今回のセッションの内容は言えませんが、いつか言える日がくるのかな。

自分の中で昇華するには長く時間がかかるかも知れませんし、かからないかも知れません。

心の中に今はまだ渦巻く涙がなくなる日がくると信じています。

そして聞いて後悔しているのかと問われると後悔していないと答えます。

 

その強さがある自分を誇らしく思う事にします。

そして今世は愛する人ー旦那様がいて幸せである事を、心からこの人生を、しみじみと愛しむでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

-- リラ - 09:45 - - - -

<< Next   /   Prev >>